+

スマートフォンがどのような進化をしてきたのか?その歴史を探る!

スマートフォンの進化について辿っていきましょう。

...ガラケーの特徴...

携帯向けアプリケーションやオンラインストアなど、今では全世界で当たり前のように使われているモバイルデバイスサービスですが、こちらは日本が当時世界をリードする形で展開を進めていました。1999年に日本のNTTドコモがiモードというモバイルインターネットプラットフォームを展開していたため、日本はどこの国よりも斬新かつ独自の道で携帯市場が発展していったといわれています。

このような日本の特徴を指して「ガラパゴスケータイ」略して「ガラケー」と呼称しています。今ではスマートフォン以前のベーシックフォンやフィーチャーフォンを総称してガラケーと呼ぶ人が多いですが、それはこのiモード全盛期にこのベーシックフォンやフィーチャーフォンが主流だったことが主な理由として挙げられるでしょう。携帯本体にストラップを付けるという文化も当時は流行していました。

また、この当時の携帯電話はハードウェアキーボードと言って、画面下やスライドした部分にキーボードが搭載されているというものが多かったということも特徴として挙げられるでしょう。これはスマートフォンにも同様で、iPhoneの登場によりソフトウェアキーボードが主流になるまではこの流れが続くことになります。