+

スマートフォンがどのような進化をしてきたのか?その歴史を探る!

スマートフォンの進化について辿っていきましょう。

...スマホの始まり...

1992年、「コムデックス」というコンピューター関連の展示会がラスベガスで開催されたとき、タッチスクリーン式の携帯電話「Simon」のコンセプトモデルをIBMが発表します。「Angler」と出展時に呼ばれていたこのデバイスはメールやファックス機能、携帯電話対応サイトの受信など、携帯電話だけでなくPDAとして使えるようになっていました。それまではPDAはPDAとしてだけの機能しか持っていなかったため、非常に大きな注目を集めました。

このSimonは発表から2年後の1994年夏にアメリカで一般発売がスタートし、これが世界で初めてのスマートフォンだとされています。この世界初のスマートフォンを生み出したフランク・J・カノーヴァは1997年にPalmに移籍していますが、今でもIBMの歴史の中でスマートフォンの生みの親として語り継がれる存在となっています。

スマートフォンという呼称は当時一般的ではなく、当時は「コミュニケーター」と呼ばれていました。「スマートフォン」という呼称が使われ始めたのは諸説ありますが、1995年にアメリカで発行されていたビジネスマン向けの資料の中で、AT&Tが発表した「フォンライター」に対してスマートフォンという総称が使用されています。