+

スマートフォンがどのような進化をしてきたのか?その歴史を探る!

スマートフォンの進化について辿っていきましょう。

...スマートフォンの源流...

スマートフォンの定義とは、ウェブブラウジングやソフトウェアアプリケーションを実行する機能などが搭載されている、オペレーションシステムが内蔵された携帯電話の総称を指します。電話と関連しない機能や統合コンピューターが搭載されているということが大きな特徴となっており、他の携帯電話と明らかに区別されています。ちなみに通話機能のみに特化している携帯電話を「ベーシックフォン」、カメラ、通信機能が搭載されているものを「フィーチャーフォン」といいます。

スマートフォンがなかった1990年代はストレートタイプやフリップタイプの携帯電話が主流で、カメラ機能やウェブブラウジング機能が搭載されているものもありましたが、まだまだ通話やEメールなどのメッセージ機能を中心に使うということがほとんどでした。当時は携帯電話がコンピューター代わりになるということはまだまだ現実的でありません。

しかし、海外では1992年にはアップルニュートンというスタイラスを利用した手書き認識機能、通信機能などを搭載したモバイルデバイスをアメリカのアップルコンピューターがリリースしています。このような端末はPDAと呼ばれていましたが、スマートフォンの源流と言えるでしょう。